×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

.
本文へジャンプ










 

葛飾区青戸  京成線青砥駅 2分

松林歯科医院

予約や お問い合わせ
  п@03-3603-9500

院長のこぼれッ話

Yちゃんは、4才のかわいい女の子です
Yちゃんの予約の時間になると、下の道路から大きな泣き声が
少しずつ近ずいてきて、松林歯科医院は、3階なので、
エレベーターに乗った時 泣き声が聞こえなくなり

エレベーターのドアが開くと 「イヤダ かえる」と泣き声が、大音響で響きわたります
Yちゃんは、やっと治療台に乗っても お母さんに、だっこしてもらわないとダメ!
歯には、大きな穴が開いているけど、お薬を塗るだけ

一度いきなり歯をけずろうとしたら、大号泣して治療拒否。しばらくは入り口まで来て
「帰る!」と泣いて、中に入らないで帰るのが 何度かありました
やっと慣れて、削らなければ つめ物をさせてくれるまで、進歩 ただ削らないので
つめ物が すぐ取れて、つめ直しの くりかえし

そんなある日Yちゃんは お母さんが、いそがしいので、おじいちゃんと2人で、来たのです
さー大変 いつも お母さんにだっこして、もらっているYちゃんは、おじいちゃんに
だっこしてもらうのか?と思ったら

おじいちゃんの 「一人で、やって きな」の お言葉、すると普通に治療台に、それも一人
で、乗っかっちゃったんです。さらに 口まで開けて待っている始末 今までのYちゃん
じゃないよ どーしたの状態

こっちもチャンスとばかり、削って削って つめ物の型まで取って 無事終了。Yちゃんは
泣きもせず あっけにとられている私たちの前を、Vサインを出しながら おじいちゃんと
帰って行きました。

その後は一人で、座るし、削っても大丈夫の模範的治療態度
本人にどうして変わったのか 聞くと「じぃじ(おじいちゃん)といっしょに来たから」
との事、それ以来 お母さんと来て泣いて、口を開かない子には、心の中で

" お願い じぃじと来て ” !

葛飾区青戸3-32-18パルBOXビル3F  松林歯科医院  п@03-3603-9500